« キバットバットⅢ世 | トップページ | マセー! »

2008年7月13日 (日)

ふぅ

こんばんは。

ポチたま撮れてなかったー

ゆっきー見れない

今日のキバは完全に大人向けでしたけど

あたしたちには面白いけど・・・

次狼恐いけど

ゆりが「私は紅音也を愛してる」っての良かったね

でも・・・結ばれないよね??

ミオさん気になるな・・・多分クイーンな気がしますがどうなのか??

さてさて今日行われたことについて話します。

うん。

いい人だった。

だけど、あたしはお母さんの言葉と、お姉ちゃんがホントにお嫁にいっちゃうこと考えちゃって涙が止まらなくなってしまいました

お母さんが言ったことは本当にありがたいことだった。

「うちの娘は私が本当に大事に大事に育てて来て、私の宝物なんです。

その娘を今度はあなたに託しますから、たくさん愛情を注いでやってください。」

なんか聴いた瞬間はお母さんいいこと言うな~ってだけでそのことでうるうるしてたし、

こんだけ大事にされてんだ。

ってことに感謝の心がわきました。

でもそのあと、

お母さんがこんなに大事に育ててきたお姉ちゃんがもらわれちゃうんだ、本当にうちからいなくなるんだ

って思ったらうるうるでは留まらなくなりました

あたしは強いことを言ったりしてお姉ちゃんをバカにして様に見えるけど、

自分でも気付かないうちにお姉ちゃんに頼ってばっかりで、お姉ちゃんがいつも助けてくれて、お姉ちゃんがいるから楽しく暮らせていて、そんなお姉ちゃんが大好きなんだということをなんか改めて感じてしまったら

そのお姉ちゃん1人がいなくなることはものすごく大きなことだということを気付かされました。

今も泣いてるんだけど、うちの家族は仲良しだから特に。

でそんなときにお前もきて挨拶しろと言われても無理でしょ

もらっていく人にそんな顔見せたらもらいにくくなっちゃうと思って

恥ずかしいということになりました。

お母さんがその人来る前にぶつぶつ言ってたのはそれの原稿を考えていたからだそう。

なるほど。

それだけは言いたかったんだって。

しかもそれを言っているときにお姉ちゃんの顔みたら涙出ちゃうそうだったって。

なんかとっても感動してその話題が今日出るたびに涙を堪えています。

と言う訳でいちの一大イベントが幕を閉じました。

なんか気疲れしちゃった。

でも勉強して今に至ります。

明日は大変だから早くねよーっと

|

« キバットバットⅢ世 | トップページ | マセー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キバットバットⅢ世 | トップページ | マセー! »